愛のヒント。10月誕生石ローズクォーツブレスレット「Lovin you」

愛のヒント。10月誕生石ローズクォーツブレスレット「Lovin you」

posted in: 新商品のご紹介 | 0

ふんわり女子の優しくラブリーなアイテム!10月誕生石ローズクォーツのブレスレット「Lovin you」のご紹介します。

 

10月誕生石ローズクォーツの意味

■ローズクォーツは「自分を愛する」というメッセージを伝えてくれる

こんにちは。幸せな人生の再出発を応援するパワーストーンセラピストの冥賀都子(みょうがさとこ)です。

10月の誕生石はローズクォーツです。

恋愛の石としてよく使われている10月誕生石のローズクォーツ。

実際はインナーチャイルドを癒すエネルギーと言われ、イメージとしては自分を愛する石とも言えます。

ly02

アイテム:Lovin you ゴールドカラー

 

■自分の中の幼い私を癒すローズクォーツ

人生の問題は全て自己肯定感が低いことから始まります。

自分を責めてしまったり、相手を攻撃してしまったり、
あるいは、他人と比較をして、不足を感じたり、
無用な欲求に執着して、それが手に入らなかったり。

人間というのは、そうした苦しみの中を生きています。

その苦しみこそ、自分への肯定感の欠如から来ているのです。
誰もが、どこかで自分に価値がない、と思い込んでいます。

その証拠に、多くのひとは褒められれば嬉しいし、 けなされたら怒ります。
自分が自分を肯定し、何がなくとも、何があっても大丈夫 と思っていれば、嬉しさや怒りは訪れません。

そう、誰もが心の中の幼い私が傷ついたままなのです。

ly06

アイテム:Lovin you ゴールドカラー

 

■ローズクォーツは自分を愛することを教えてくれる

幼少期に「あなたは欠けている」と教え込まれたことで低くなった自己肯定感。

「これができなければ」

「こうしてはいけない」

「〇〇ちゃんはできるのに」

など、自分がダメだということを厳しく言われて来た場合は特に、自分を肯定できません。

子供の頃というのは記憶にない意識する前のことなので、その無意識の時期にそうした価値観が形成さているのです。

だからこそ、自分に自信がなかったり、他人と比較してしまいがち。

何はなくとも、まずは誰もが欠けた存在じゃない、ということに気づくべきなんですね。

ly04

アイテム:Lovin you シルバーカラー

 

■自分の中に愛があることに気づこう

前提が欠けているので、外部に幸せを求めてしまいます。

自分が欠けているものを、外の「幸せ」と言われるもので埋めようとしてしまうのです。

それは、他人からの賞賛や愛情だったり、優しさだったり、認めてもらうことや褒めてもらうことだったり。

あるいは地位や職業や収入が学位といったステータスかもしれません。

そうしたもので欠けた幸福感を埋めようと、躍起になってしまう。

しかし、そうしたものを手に入れても、一時的な幸せにすぎません。

本来は、私たちは存在そのものに無限の価値があり、自分で自分を愛し、その愛が自分の中で巡り巡って、循環させることができる存在なのです。

ly07

アイテム:Lovin you シルバーカラー

 

■巡りめぐる、めぐり愛。

自分が幸せだから、他人を幸せにできる、そして他人が幸せだから自分が幸せ。

自分を愛するから他人を愛せる。

他人を愛せる自分だから、自分を愛せる。

まずは自分から、自分を愛することです。

 

自分はいるだけで最高な存在なんだってこと、

もうそろそろ気づいてみませんか?

 

>>Lovin you はこちら!

 

 

 


Follow ema:

パワーストーンセラピスト/天然石アクセサリー作家 冥賀都子 satoko myouga 1973年8月23日生 あなたの人生の再出発を応援する天然石ブランド「エメラルドエマ」代表。水晶シリカのオーガニックコスメブランド「Crystalema」考案者。クリスタルヒーリング・仏教・脳科学・心理学・成功哲学から本当のスピリチュアルをお伝えし、一人でも多くの方が本当の自分の幸せに気づけるお手伝いをしています。

Leave a Reply