【不倫を解消できません。なぜ、嫌なことは繰り返しやってくるのでしょうか?】

こんにちは。

スピリチュアルカウンセラーの冥賀都子(エマ)です。

ご質問をいただきました。

エマ 様

お世話様になります。 

何度も繰り返し起こることは、その人にとってそれが必要だからと、思ってよいのでしょうか。 まだ、彼とは別れてはいません。

ただ、別れようという出来事は、数えきれないほどあります。今もそうです。 思っては揺らぎ、の繰り返しです。

以前、ブログで必要な出来事?決断しなければいけないこと?(曖昧ですみません。)は、決断するまで何度もその出来事が起こる…と、いうようなことをエマさんが書かれていたと思うのですが…。 うろ覚えですみません。

(ペンネーム Aさん)

 

この方の詳しい内容は伏せますが、恋愛において、別れた方いい?、でも別れられない、という気持ちの繰り返しでずっと苦しい状況が続いています。

 

今回のご質問はこれまでお受けしてきた10年以上の人生相談の中でトップにくるお悩みのひとつでもありましたので、どうしたら楽になれるのか、どう解決したらいいのかを書いてみたいと思います。

 

この記事を書く目的は

「なぜ、同じような嫌なことが繰り返し起こるのか?」

「必要なことだからこれからも我慢して耐えないといけないのだろうか?」

「いつまで続くんだろう?」

という不可解な苦しいループに陥っている方で、

本気で早く抜け出したい方に向けて書くものです。

 

 

少し耳の痛い話になるかもしれません。

でも、耳当たりの良い言葉では解決しないのが特に「男女の問題」です。

「大丈夫、大丈夫」

そういう声掛けも必要な時もあります。

カウンセラー、占い師さんはお悩み相談の際に、プロとして、わかっていて、あえて「大丈夫」は使っています。

苦しさのループから抜けられない場合は、注意が必要です。

「大丈夫」では乗り切れないからです。(時間をかけて自分で答えを見つけられるように「大丈夫」と声掛けすることはよくあります。)

ただ、もう限界!!

そんな時こそ、誰に相談するか、はとても大切なことです。

今、カウンセリングをお休みしていますので、本当はAさんに直接お話を伺いながら、気持ちの整理にお役立ていただきたいのですが、それができない分、こちらの記事でそれを試みようと思っております。

ですので、直接的な言い方、表現になる箇所もあるかもしれませんが、Aさん(Aさんと似たような今を過ごしていらっしゃる方に向けて)少しでも早く、苦しみから解放されることをゴールとして、書いてみたいと思います。

皆さんにも一度や二度は「なんでこんな人と出逢ってしまったのだろう?」と思うような人と出逢ったことはありませんか?

 

特に、恋人。

 

楽しいひと時を過ごして、その後の気持ちの変化や関係性において、「離れるタイミング」がわからずにズルズルと関係が続いてしまう・・・。

 

「頭ではわかっています」ということをおっしゃる方がほとんどです。

 

最終的には「出逢わなければよかったのかも?」という気持ちになりますよね。

 

人によっては、「自分がダメなんだ」と自分を責めてさらに苦しくなってしまう人もいます。

 

こんなに真面目に生きてきて、こんなに苦労ばかりしてきて、こんなに頑張っているのに、何も悪いことをした覚えはないのに「なぜ?」出逢ってしまったのだろう?自分ばかりがこんな目にあうのだろう?

 

と思った経験はありませんか?

 

私は過去に、あります。

 

お客様ばかりに体験談を話していただいては申し訳ないので、私も正直に書きます。

 

少し、お付き合いくださいね。(といってもいつものように長くなりそうですが)

 

大学生になったばかりの、あれは19歳の頃です。

 

相手から猛烈アタックを受けてお付き合いを始めた彼がいました。私はまだ栃木から東京に出てきてそれまで勉強一筋、真面目一本、世間知らずの3拍子揃った、頑張ることだけが取り柄の学生でした。

 

春に入学したものの、「合コン」とか「ベルファーレ」とか聞きなれない言葉で溢れた学校の教室はなんだか居心地が悪くて、かといって都会の洗練されたキラキラしたブランド品を身に着けた素敵な女子達に憧れつつも田舎出身という負い目もあってクラスの子達とは同級生なのに距離があるような気がしていました。

 

同じ寮に仲の良い友達もたくさんできましたが、私の親は厳しくて私は大学に入ることだけを目標にそれまで生きてきたようなものだったので、燃え尽き症候群で授業にも身が入らず、親から「学生の本分は勉強だ、バイトは禁止」と言われていたので休みの日には寮の部屋でひとりボケ~っと過ごしていた気がします。

 

入学してまもなく一度誘われて行った合コンで自己紹介した時に「栃木?ちょっと栃木弁で話してみてよ!」と男子学生にからかわれて以来、そういうたぐいの外出をするのも億劫になっていました。

 

そんな私に「好きな人ができたの!さとちゃんに会わせたい!!」と誘ってくれたのは同じ寮生の美人なMちゃん。

 

それがその後出逢うことになるSとのすべての始まりでした。

 

授業が終わった夕方、Mちゃんのお目当ての彼を見るという目的でその人が働いている居酒屋さんに開店一番で到着したものの、その人はなんとその日は別の店舗へ出勤していていなかったのです。

 

それで仕方なく、二人でご飯食べて帰ろうか、ということで注文を取りに来たお店のスタッフ、それがSでした。

 

その日は客が少なく、Sが注文したものを運んでくる度に冗談を言ってかまってきます。私はまったく興味がなく(硬派なインテリが好きなタイプだったので正直早く帰りたかった)、ただ苦笑いをして過ごすうち、なぜか流れでMちゃんと私とSとE(もう一人の男子スタッフ)でカラオケにいくことになりました。

 

Sは押しが強かったし、話もうまかったし、寮の門限を過ぎていて私達も帰る場所もなかったのとでなんとなく流されたのです。

 

今思えば、危うい大学生ですよね。その日出逢った人とカラオケに行くなんて。

 

なにも考えていませんでした。ただ、唯一の救いはMちゃんが東北出身でめちゃめちゃお酒に強いという(少し前のサークルの新歓コンパでMちゃんの凄まじい飲みっぷりを見たばかり)、私はお酒を飲めないので万が一、飲まされるようなことがあっても(未成年でほんとはダメだけど)Mちゃんがいるからきっと大丈夫。という謎の自信がありました。

 

念のために寮母に提出してきた外泊届に少しホッとしながら、結局朝まで4人でカラオケをして、Eの車で寮まで送り届けてもらい、バイバイしました。

 

なんという一日を過ごしてしまったのだろうという、真面目な私は初めての不本意な夜更かし体験を後悔しました。しかし間もなく、その日から寮へSからの電話攻撃が始まります。

 

寮では電話は館内放送で呼び出しでした。300人の寮生に対して外部から繋がる電話機は5台のみ、という凄まじい競争率を勝ち抜くか、タイミングでよほど運が良かった人しか繋がらないという電話。

 

それでもSの電話はなぜかちゃんと繋がるのでした。

 

「また、さとちゃんに電話だよ~」

 

放送の後で、慌てて部屋から駆け出す私に廊下ですれ違う友人がニヤニヤしながら声をかけてきます。「断ってもかけてくるんだよ」という言い訳も間に合わないくらいの猛烈なデートの誘いに根負けしたのでした。

 

Sは駅で待ち合せればさっと荷物を持ってくれたり、予定になかったけれど突然デパートに連れていってサプライズ的に服を買ってくれたり、友人に紹介して「可愛いやろ~」と堂々と言ってくれたりと、いい意味で私の思い込みを裏切り続けるのでした。

 

私への大好き攻撃に、親から厳しく勉強のことしか言われてこなかったという恨みにも似た感情が後押しして、毎回ノックアウトされました。

 

ホームシックになりつつも親に素直に甘えられない私にとって、4歳年上のSと過ごす時間は居心地よく感じ始めていました。いつも丁寧にお姫様のように扱ってくれたからです。

 

田舎の電車通学で一緒に帰るだけのような恋愛しかしたことがなかった私は、親元から離れたという安堵感もあって、羽根を伸ばすべく、彼にのめり込むのにそう長い時間はかかりませんでした。

 

ついでに言いますと、その、電車通学で高校生の時に付き合っていた彼が1つ年上で私より一足先に大学生になったのですが、ある大学の医学部へ入学して半年で同じ医大に通う他の女性に行ってしまったという振られ方をして以来、「勉強のできる人は人の気持ちがわからない」という勝手な先入観が生まれ、大学生に興味を持てませんでした。

 

綺麗なお姉さんがお酒を提供するようなこぢんまりとした夜のお店に連れていってくれたり(スナック)、パチンコ屋さんに入ってみたり、ゲームセンターで遊んだり、立ち食い蕎麦というのも初体験で、毎日、見るもの全てが真新しく、まるでディズニーランドにでも来たかのような気持ちで「東京」という都会の一風景をキラキラした目で私は無邪気に楽しんでいました。

 

「こんなものが珍しいの?」Sからよく言われた言葉です。

 

あれは高校生の頃。友達家族に誘われてスキーに出かける話があっても父親に「ただでさえ運動神経が悪いのに骨でも折ったらどうするんだ」と止められ、映画にしても「文学作品でもないのに見る価値があるのか」と言われて許されないような親元での生活。成績さえ良ければ文句を言われない門限19時の束縛生活から一気に目の前が明るくなった瞬間でした。

 

当時、ドリフターズがお茶の間を沸かせ、世間を一世風靡していた時代にでさえ、ドリフターズとの接点は我が家では1ミリもなく、むしろその言葉を発すれば怒られそうな雰囲気だったので、ただただ、噂に聞くだけの遠い世界のお笑いグループでした。

 

20時には時間きっかりに消され、サザエさんとNHKしか映らないようなTVでした(そういう特別仕様ではないのに)。

 

Sといることで、正直今となっては「見なくていいもの」「知らなくていい世界」を見たというのもあったとは思います。

 

いい大人が酔っ払って路上で吐いていたり、殴り合いのケンカをしていたり、そういういわゆる「世の中の汚い一面」というものを見させないための親の努力もむなしく、Sという『出島』のような人によって、私の暗く長かった『鎖国時代』は一気に終焉を迎えたのでした。

 

もちろん悪いことだけではなく、いいこともありました。

 

彼のバイト仲間は高校生から大人まで幅広く、仲も良かったし、学歴なんて関係なく、社会で生き生きと働いていました。彼自身は中卒だと言っていましたが、私よりも知っていることが多いように感じていました。今でも印象的だったのは、その時聞いた「日本一のヤクザになるために」早稲田大学に入った人の話は私に植え付けられた「学歴至上主義」の掟に一石を投じるものでした。

 

いちいち私が喜ぶ姿が珍しかったのか、自分とは違う世界を生きてきた不思議な人種として、Sは学生寮に住んでいた私をしょっちゅう都会に連れ出しては面白がって笑わせてくれました。

 

ある日、彼の家に遊びに行きました。

 

彼は父親と母親の三人暮らしでした。彼の家に行くと紹介してくれて、笑顔で迎えてくれてすぐに仲良くなりました。一緒に中華料理を食べに連れて行ってもらったこともあります。もちろん初めての回るテーブルを前に目を丸くする私を見て、Sのお父さんが「ほんとに初めてなのか」と大笑いしていたことを思い出します。

 

そろそろ夏が近づいていました。出逢ってから3か月が過ぎようとしていました。

 

授業が終わって、待ち合わせをして駅ビルで遊んだ帰り、いつものように自転車に二人乗りして彼の家に行くとSのお母さんが「〇〇が熱を出したんだって」と知らない人の名前をちらと私の顔を見ながら小声でSに言いました。

 

「〇〇って、だあれ?」

 

その時、耳を疑うような言葉が彼の口からでてきたのです。

 

「俺の子供だよ。」

 

「・・・・・!!」

 

それで、びっくりしていろいろ問いただしてみると、なんと18歳の時の子供が1人、20歳の時の子供が1人、今は離婚していて、さらに何か警察にお世話になるようなことをしてこの春に拘置所から出てきたばかりだったということを告白されました。

 

まあ、それでいろいろあって、ホストをしていた過去なども出てきたりと(ホストという仕事が悪いわけではなくて)沢山の嘘がわかりつつも、後戻りできずにそのあと1か月ほどの逃避行の末に親に捕まって、結局、Sとは離れることになるのですが、

 

「なぜ、この人と出逢ってしまったのだろう?」

 

とこの時の傷は深く、深く、少なくとも10年は心の奥底で引きずっていました。(若気の至り、と言えばそれまでですが・・・)

 

Sに出逢ったことで、落ち込んで学校に3か月くらい行けなくなったし、親にも怒られたし、寮からは追い出されたし、友達からも沢山のお金を借りてしまって信用を失ってしまったし、

寮を追い出されたために東京に住む親戚の家に頼み込んでそこから学校に通わせてもらった時期もありました。男性不信で恋愛とかどうでもよくなったのでたぶん、普通に八つ当たりで傷つけた男の子も沢山いました。

 

とにかく、嘘をつかれていたことが一番ショックでした。

 

いろんな理由でSに渡したお金を(いろんな嘘がありました、バイト仲間の〇〇のお母さんが病気で母子家庭なんだけど治療費が足りなくて・・・後で返すから、とか、今考えればすぐにわかるのですが、いろいろ合算すると100万くらいになってしまいました)、それを私の親が友人に返済してくれました。そのことであれほど勉強、勉強で縛り付けられて憎んでいた親にも頭があがらなくなり、消えてしまいたいと毎日思っていました。

 

人生で一番激やせした時期です。

 

とにかく、

 

「なんで、この人と出逢ってしまったのだろう?」

「どこで間違えてしまったのだろう?」

「なぜ、こんな経験をしなくてならなかったのだろう?」

 

という答えが出せずに何年も苦しんでいました。

 

その答えがでないまま放置してまた同じ「課題」がやってきて、その後の離婚、という流れにも繋がります。

 

私は自分の望まない結果を引き寄せる「原因」が自分にあることに気づいていませんでした。

 

なぜ、いつも苦しくなってしまうのだろう?

 

ある時ふと、それらの苦しい経験に共通することに気づきました。

 

 

共通すること、それは

 

私はずっと被害者でいた、ということです。

 

意識というか、気持ちというか、見方です。

 

要するに、突き詰めていくと「他力本願」であるマインドがすべての事象を本来望むはずもないマイナスの方向へと引き寄せていたのです。自ら、裸一貫で不幸という泉にダイビングしていたような感じです。

 

自分で決めて進んできたはずの道なのに、「彼が誘ってきたから」「親が喜びそうだから」「〇〇のために良かれと思って自分が我慢する」というマインドです。それは裏を返せば、失敗した時の逃げ道を作りつつ、目的を持たない選択をし続けてきた、ということです。

 

それは流されて当然ですし、流された方が「楽」だから、ただ誰かの決断に身を委ねていました。

 

自分で考えることをせずに、人生をやってきてしまったということです。

 

親のせいにするわけではないですが、進学も決められていたし、それまでの人生で「あなたはどうしたい?」ということを親に聞かれた経験がありませんでした。疑問を持てば、「言うことを聞いていればいい」と、ただ一言だけ言われてきたのです。

 

もっと言うと、目的を持たないことでどこに行こうが失敗をしても自分を責めなくて済みますし、そこに「〇〇のために」という大義名分を掲げることで誰かのせいにできる人生、というのをやってきたのです。いつだって、嫌なことが起きた時には「だって、〇〇が言ったから、そうしたんだ」と言い訳できるからです。

 

大人になってからスティーブン・R・コヴィー博士の書いた『7つの習慣』という本に出逢って、まさに自分に起こってきたネガティブな事象のすべてのプロセスが「依存」から始まっていることを完全に理解しました。

 

小学校から大学まで6・3・3・4と実に16年間も一般常識や学問を勉強をしてきたのに、これを知らずにいたことにも衝撃でした。(今では学校の授業で取り上げられているようですが)

 

今、いろいろ経験してきて思うことは、本当は全部、自分が決めている、ということです。

 

良かったのか良くなかったのか曖昧な人生さえも、そういう人生になるように、私は行動してきたということです。

 

被害者意識でいたのには理由があります。そのほうが自分で責任を持って生きるよりも「楽」だったからです。

 

大切なことなので、もう一度、言います。

 

Aさんが今、「つらい」と思っていることは、自分が決めて、そうなっているということです。

 

「決めた覚えはない!」

 

と反論したいと思います。

 

私もそう思っていました。

 

本当にびっくりしますよね。

 

「この私が?自分を苦しめるために?決めているはずなんてない!!」

 

そう思いました。

 

しかし、実際には、「つらい」「苦しい」「悩みが消えない」毎日なわけです。

 

Sと離れることへの気持ちの踏ん切りがつくのに、時間がかかりました。

 

結局は物理的に親に隔離され会えない状況にされたからのですが、それはむしろそう「された」ことで余計に時間がかかっていたと思います。そんな状況の最中でも「何のために出逢ったのか」という答えを誰かに聞きたかったのですから。

 

人を好きになるのには理由はない、

本能とかそういう引き寄せみたいな、何か不思議な感覚になりますよね。

 

もちろん、直感的に「惹かれる」「気になる」というのはあります。

 

だから深く考えることはほとんどありません。

 

気づいたら、隣にあなたがいた、状態です。

 

しかし、そんな不思議な出逢いでさえも、無意識下で、それこそサイキックな力で「自分が求める何か」を持っていそうな人を選んでいるのです。

 

自分にとって「必要な出逢い」を自分が結んだ、ということです。

 

私がこんなに大変だったのに、それは自作自演だったの?好きでそうしていたとでも?

 

とそのに気づいた時に反発する気持ちと怒りが湧いてきました。

 

「私こそが被害者なのに、どうしてなの?」

 

と。

 

決めてないし、ただ、相手が誘ってきたから、相手が好きって言ってくれたから、相手が可愛いね、って言ってくれたから、そうしたら楽しかったから、私もそばにいたくなったから、でも私と一緒に過ごしたいと「相手が」言ったから、お付き合いが始まったのだと。

 

私も、楽しかったけれど、「相手」が誘ってくるから仕方がなかったんだ、と。

 

だからその当時、私はいろんな人に迷惑をかけて、Sに頼まれてお金を借りる時も嘘もついたし、そのことがつらくて、本当は私以外に私の親とか、お金を貸してくれた友人たちとか、本当はもっと傷ついている人がいるのに、「私がこんなにつらいのは、Sのせいだ」と言って、「私は被害者なんだ」と思うことにして、いや、そう言い聞かせて過ごしていました。

 

そうすれば、ただでさえ傷ついている自分に、これ以上自分を責めなくてすんだからです。

 

とても、恥ずかしい話です。情けない話です。

 

私だって、被害者なんだ、と。思いたかったのです。

 

私は、Sが自分のことを真っ直ぐみてくれて「面白い」と笑ってくれることや私が着たいと思う服を見て「似合うね」と言ってくれることなど、いわば、自分が相手に好かれようと頑張らなくてもそのままの自分を承認してもらえるのが、とっても嬉しかったのです。

 

Sは私が言って欲しい言葉をすぐに察知して、軽やかににさりげなく言ってくれるのでした。そういう相手の欲求に関して、察知能力に長けている人でした。

 

それは受験戦争に巻き込まれる前の子供時代に体験した嬉しさにも似たものでした。

 

その同じ感覚の嬉しさは相手への好意に変わり、「好き」なのかもしれないという気持ちに変化しました。

 

テストで99点を取っても、「お姉ちゃんなら100点だったのに」と言う学校の先生よりも、徹夜で頑張って臨んだ試験の成績が悪かった時に「次はもっと取れるはずだ」とだけ言い放つ冷たい親よりも、私にとって、Sは信頼できる唯一の人だと錯覚しました。乾いた喉を潤してくれる、「安心してそこにいてもいい」と思わせてくれるオアシスそのものでした。

 

だから、私がSのような人と一緒にいたいと思っていたから、Sに出逢って、そして期待通りのワクワクする世界を見せてくれたことで、「この人といよう」と決めたのです。

 

仕方がなかった、のではなく、自分が決めて、そうしていたのです。

 

あの日、決めないという選択もありました。

 

「なに、この人、変な人。」

 

そう思って、無視もできたのです。カラオケを断ることだって、できたのです。

 

誰かに脅されて、Sといたわけではありません。

 

 

 

Aさん、の話に戻します。

 

Aさんは誰かに頼まれて、その人とお付き合いをしているのでしょうか?

 

その人とお付き合いをしないといけないのでしょうか?

 

そうではないと思います。

 

自分が、望んで、そうしているのですよね。

 

さっき話したように自分が、結んだご縁です。

 

でも、苦しいんですよね?

 

それは、その苦しみの原因は自分の思い通りに相手がならないからですよね。

 

寂しいし、悲しいし、怒りもあると思います。

 

でも、それは同時に、そんな状況を選んでいる自分への怒りでもあると思います。

 

ご質問の「繰り返し、繰り返し、訪れる苦しい迷い」から解放されるためには相手がどうするか、ではありません。相手が〇〇してくれたら解決するものではありません。

 

これははっきり言います。

 

相手が一時しのぎで〇〇してくれても、また、同じ課題がやってくるでしょう。

 

相手が〇〇しれくれたら解決するかもしれない。

 

相手が優しくしてくれたら、相手が誓ってくれたら、相手が約束してくれたら、解決する。

 

そういう考えが「迷い」を引き寄せます。

 

相手にも都合があり、人間ですし、状況も変われば気持ちも変わります。

 

相手が変わってくれるのを待つゲームを勝手にしているのはAさんなのかもしれません。

 

Aさんがその時、どうしたいか、だけなのです。

 

「私、こういうところがつらい」「気に入らない」「悲しい」

 

それを彼に伝えた時、彼が何を言うか、何をするか、どんな提案をして一緒に向き合ってくれるのか、

 

その姿をみて、

 

Aさんが、「どうするか」だけなのです。

 

 

 

そもそも、問題と解決策に矛盾が起きているから「迷い」がでるのです。

 

問題は例えば「相手が奥さんと離婚しない」ことではありません。

問題は「Aさんが自分で今の状況を選択している、ということに自分で気づいていない」ことです。

Aさんは相手に問題があると思っているのかもしれません

もし、そうであれば、解決しないのです。

他人は自分の思い通りにならないからです。

思い通りにならない、つまり、このままでは一生解決しません。

変えられない他人を思い通りにしようとしている→思い通りにならない→苦しい→原因は相手にあるはずだからなんとかしてほしいと願う→相手に訴える→話し合いができない、もしくは納得いかない→解決しない→苦しい→・・・・

これの繰り返しなのです。

 

迷わないためには「自分の目的を明確にして、相手の真意を知る」そして、「今後の自分の行動を自分が主体的に決める」ということです。

 

自分のこうしたい、相手のこうしたい

 

ここをハッキリさせない限り、自分の次のアクションは決まらないのです。

 

今の状況把握をハッキリすることです。

 

自分の目的とする未来になる可能性はどれくらいあるでしょうか。

 

その人はどれくらい、協力してくれそうですか?

 

そして、相手の気持ちを知りたい、というお悩みは非常に多いのですが、

 

「相手のこうしたい」は相手の中にしか、ありません。

 

これはいくら的中率の高い占い師でも、霊能力を使っても15%の確率ではずれます。

 

85%の予測はついても、完璧でないのです。

 

そこにあなたの欲しい「イエス」が外れたらそれまでなのです。

 

そんな博打(ばくち)のような賭けにでるのではなく、

 

本人に「何を考えているのか」

 

聞いたらいいのです。

 

(占いが悪いと言っているわけではなく、占いに100%依存するのは迷いの元になるので言っています)

 

でも、それがそう簡単に聞けないこともわかります。

 

「嫌われるかもしれないから」です。

 

相手だって、もしAさんを都合の良い相手だと思っていたら、手放したくないはずなので、誤魔化したり、適当な返事でのらりくらりとかわすかもしれません。

 

相手の本性を知るのはたいていそういう態度から判断する人が多いでしょう。

 

口では「好きだよ」と言いながらも肝心な話になると論点をずらす人もいます。

 

「好きだから一緒にいるのに、何が不満なの?」

 

と責めたり、質問自体にこちらが罪悪感を感じるように言ってくる人もいるでしょう。

 

「そんなこと言って、ごめんね。」

 

となぜかこちらが誤って彼の機嫌をとる・・・。

 

もちろん、その逆でちゃんと将来のことを考えているけれど「今は言えない」というだけで彼の中に何か計画があるかもしれません。

 

未来のことはどうなるかわからないからこそ、相手に期待をさせないようにしているのかもしれません(それはそれで彼なりの配慮のつもり)。

 

占いを活用するなら、相性を見たり、本心を聞き出すタイミングを見てもらったり、これから起こる可能性としての未来予知をしてもらうことで、作戦を練るのに使うと良いです。

 

 

私はかつて、Aさんにこうアドバイスしました。

 

「とことん好きになったらいいですよ。」

 

と。

 

そうした先にあったのは、やっぱり同じ苦しみだった、解決していない。だから今、困ってご質問されたと思うのです。

 

あの時、私が止めなかったのは

 

それは他人に言われた「やめたほうがいい」「続けたほうがいい」という言葉は意味を持たないからです。

 

やめたければ勝手にやめるのが人間というものです。

 

やめたくないから、私のところに来てくださったのです。

 

とはいえ、私が「やめたほうがいい」と仮に言ったところで

 

余計に迷路に迷い込むことはわかっています。

 

だからこそ、もし「別れる」という選択肢を選ぶなら、自分の気持ちにとことん向き合う、気が済むまで好きでいる、そして、ちゃんと失恋する、あるいはこちらから振って終わりにするというプロセスを自分で納得して経験しない限り、何回でも「課題」はやってくるでしょう。

 

人間、納得しないと動かないものです。

 

目の前に、Aさんの課題をクリアしたい魂が輝いていました。

 

自分で「やめる」という気持ちにならないとやめられないのが恋です。

 

そして、自分で「続ける」と心に決めないと苦しいのも恋です。

 

やめてもやめなくても苦しい。

 

それが「自分の腹が決まっていない」恋です。

 

あの時、私のタロットカードに出ていた答えは「自分で決める」という『正義』のカードでした。

 

Aさんは本当は分かっていると思います。

 

相手が覚悟を決めてくれないから答えがでないのではなく、自分が覚悟を決めないから、ひとりになるのが怖いから、相手が離れていくと寂しいから、ずっと一緒にいるよと言ってほしいから、別れたくないから、「我慢をする」という状態を選んでいることを。被害者でいることを。

 

Aさんは事実、今「我慢をしている」状態です。

 

彼と会っている時は楽しいけれど、不満があって、それを伝えたら嫌われそうで、でも、時々八つ当たりをして不満を少しだけ伝えるけれど期待した言葉は返ってこないことにいら立ち、またきつく相手に当たってケンカになって、自己嫌悪になる、というのを繰り返しているのではないでしょうか?

 

Aさんは、自分で「決めたくない」のです。だから、苦しいのです。

 

決めてしまったら、自分が望まない未来がもし来た時に被害者でいられなくなるからです。

 

「いいえ、私は決めたいです」

とおっしゃるかもしれません。

わかります。

 

決めたいけど決められないから、悩んでいます。

決められないから、「誰かに決めてほしい」という気持ちがありませんか?

 

我慢をしている状態だからこそ、誰かに決めてもらったほうが楽なのです。

 

それは

「別れた」あとの寂しさや

「別れなかった」時の苦しさを

可哀想な自分でいるほうが、誰かのせいにできるからです。

 

でも、ここで大切なことを言います。

 

誰かが「やめなさい」と言っても

「続けなさい」と言っても

きっと、「でも」「だって」と反発したくなると思うのです。

「やめなさい」→「でも、会っている時は優しいよ」

とか

「続けなさい」→「でも、会っていない時は苦しいよ」

と。

 

今の状態では、

「別れても」「別れなくても」

苦しい状態は変わらないのです。

 

不思議ではありませんか?

 

「別れるべき」か「別れないべきか」

 

を悩んでいるのに、そのどちらを選んでも「苦しい」。

 

ということは、

しつこいようですが、

 

問題は

相手の出方を見て

「別れるか」「別れないか」ではないということです。

 

問題は

 

自分が納得しているか、していないかです。

 

もう誰かに「依存」するのはやめましょう。

 

今の現状は「相手のせいで」こうなっている。

 

その考えをやめる。

 

これがAさんに与えられた「課題」のひとつだと思います。

 

勇気を出して、彼に本心を聞くことも「課題」です。

 

もしかしたら、過去の恋愛でも、「相手のせい」にしていることでうまくいかなかったことがあるかもしれません。(私はずっとそうでした)

 

「あなたが自分で選んで今の状況にしている」ということを心から理解した時に、もう二度と、この課題はやってこないと思います。

 

なぜなら、心に「迷い」がなくなるからです。

 

私が好きでそうしているんだから、これでいいんだ。

 

という強い気持ちです。

 

(だからといって、ストーカーをしたりという迷惑行為はまた別の話なので、そこまで飛躍した話はここではしていません)

 

人は自分が愛されたいように愛して欲しい生き物なのです。

 

それが性(さが)です。

 

だから、つらいのです。

 

相手が愛してくれないなら、やめる。それもよし。

 

相手が愛してくれなくても、愛する。それもよし。

 

相手の幸せを一番に願いつつ、自分が愛したいように、愛する、と決めればいいだけです。

 

それがどんなに理不尽で屈辱的で寂しいことでも、「愛したい」ならば、そうすればいいだけなのです。

 

今、苦しいなら、それはあなた自身が「自分が望んで」理不尽で屈辱的で寂しい状況にしている、と自覚することです。

 

そういう自分をちゃんと見てあげてください。

自分の気持ちを、大事にしてください。

あなたが、今を作っていることを自覚してください。

 

今の現状を、あなたは本当に望んでいるのでしょうか?

 

本当はもっと、毎日笑って過ごしたいのではないでしょうか?

 

今、もし仮に40歳だとして、10年この状態が続いたとしても、果たして後悔はないでしょうか?

 

今まだ人生で一番若く美しい時を、これまでと同じ過ごし方をすることに50歳になったあなたは両手を叩いて「よく頑張った!」と喜ぶのでしょうか?

 

10年ずっと責められ続けた彼は、どんな顔であなたの隣にいるのでしょうか?

 

あなたが望んだ未来になっているのでしょうか?

 

どこかで「期限」をもうけるのも一つの方法です。

 

別れたほうがいいとか、悪いとか、そういうことをお伝えしているのではありません。

 

私のカウンセリングには同じようなご相談があります。

 

よくあること、と言いたいのではありません。

 

よくあることだからこそ、同じような状態を17年続けてこられた方がいらっしゃいました。

 

彼女は泣いていました。

 

私はDVも受けて傷ついた彼女に「別れた方がいい」とアドバイスしました。

 

一か月後、彼女はまた訪れました。

 

彼女はまた、泣いていました。

 

「別れられませんでした。」と言いました。

 

そういう状態でも、それでも、彼が好きなんだと言いました。

 

そういう状態が好きなのだと、私も理解しました。

 

どんなに人にアドバイスを求めてもいいから、何回占いに行ってもいいから、最後はちゃんと自分の頭で考えて、理解して、自分で決めていく。

 

自分で全部責任をもって、自分のたった一度の大切な人生をやっていくことを覚悟すること。

 

これが魂の望む、自分らしく生きる生き方に繋がります。

 

あなたに最もふさわしい覚悟の仕方を「繰り返す事象」を体験させることによって、神様は、自分の魂は、教えてくれているのです。

 

乗り越えられない試練は与えませんので大丈夫です。

 

それでもまだ、覚悟ができなければ、繰り返し、この記事を読んでください。そのために、何度も別の記事でも考え方を書いています。

 

私がカウンセリングしてきたお客様の中で、不倫関係から正式に結婚に至った方も数組いらっしゃいます。

 

その方達に共通することは、「彼がどう思っているかわからない」かと「不倫をやめたほうがいいか迷っている」というご相談ではありませんでした。むしろ、その先の自分たちが立てた計画についてのご相談でした。

 

「あと、〇年したら、一緒になろうと思っています。タイミングはどうでしょう?」

とか

「彼と旅行を計画しています。方角的にはどうでしょう?」

といった、かなり具体的な鑑定依頼でした(もはや、カウンセリングではありません。私の占いは当たるとおっしゃてくださってリピートしてくださる方が多いです。ただ、初めてお会いした時はカウンセリングからだっと思います。だんだんとカウンセリングが必要なくなってきて、その方たちは占い鑑定にシフトした感じです。両方やりますので。)

 

それから、大事なことがご質問にありました。

必要な出来事?決断しなければいけないこと?(曖昧ですみません。)は、決断するまで何度もその出来事が起こる…

 

というご質問ですが

「別れることを」決断するまで嫌な出来事が繰り返し来る

のではありません。

 

別れる、別れないは自由なのです。

それはどちらを選んでも正解なのです、

別れると決めても、別れないと決めても、その答えの責任を自分の人生で自分が全部引き受ける覚悟をするまで、です。

別れなくてもいいのです。

Aさんが納得していれさえすれば、何も問題はないのです。

納得するということは、何も文句も不満もないという心が穏やかな状態です。

だからこそ、相手との「話し合い」が大事ですし、それができてないから、不満がでていて、

繰り返し、「ケンカ」が起こるのです。

Aさんがこれ以上、彼とケンカをしたくなければ、彼とよく話し合って、自分で自分の心にカタをつける、ということです。

Aさんのことを大切にしてくれないのに相手が引き留める場合(納得のいくような話ができないのに曖昧な関係を続けようと相手が意図している場合)、さっさと振ってしまうのもひとつの選択肢として考慮してもいいのではないでしょうか。

相手が結婚しているという障害があることで意地になっている可能性もあります。

あれほど欲しかったおもちゃが手に入った途端に、興味がなくなる、ということも人間あります。

 

 

だいぶ長くなりました。

 

Aさん、そしてこれを読んでくださった「繰り返す苦しいパターンに」悩んでいる方に何かヒントになれば幸いです。

 

皆さんの人生が笑顔で溢れますよう、心穏やかな日が訪れますよう、心よりお祈りいたしております。

 

最後まで読んでくださって、心よりお礼申し上げます。(かなり読むのに時間がかかったと思います。最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。ごめんなさい。)

 

 

<補足>

 

それでもどこから考えたらいいのかわからない、という方のためにヒントを書きます。

 

どうしたら楽になれるのか、どう解決したらいいのかという答えは、その人の今世での課題によります。

 

解決のヒントは、

「繰り返される」パターンをよく分析して課題のテーマを見つけます。

 

・いつ

・どういった自分の心境のときに

・何が起こって

・誰と出逢って

・どんな気持ちになったのか

 

インパクトのあった過去の出来事に照らし合わせて書き出します。

 

おそらく、自分のエネルギーが下がっている時に(スピリチュアル的な能力が発揮できていない時に)、魂の課題はやってくることが多いような気がしています。

出逢ったタイミングと自分のエネルギーの状態を思い出してみることもヒントです。

エネルギーが落ちていると、「直感力」も働きません。「魔」が入り込みやすくもなります。

神社やパワースポットへ行き、自分を浄化することも大切です。

※ただし、この経験を通じて「ライトワーカー」に目覚める人が多いのも事実です。特殊なケースではあえて、インパクトの強い「光と闇」の「闇」の体験をさせられる場合もあります。「闇」を知ることで「光」を理解し、他人の気持ちに寄り添えるからです。そのことはまた別の機会に書いてみます。

 

<よくある課題の解決方法>

 

・いい子でいることをやめる

・好かれようと頑張ることをやめる

・自分にはこれしかない(この人しかいない)という思い込みをやめる

・自分さえ我慢すればいいという考えをやめる(お互いのWIN-WINを目指す)

・自分や他人に対して「こうするべき」という考えを解放する

・動物や子供を通じて、「愛」を知る

・大事なことを他人に決めてもらうのをやめる

・嫌いな人の中に自分の抱える問題があることに気づく

・親子や兄弟に価値観の違う人がいても、それは「個人」として別の人間だから当たり前のことと理解する

・自分が良かれと思ってやったことが相手にとって良いこととは限らないことを知る

・自分のことを雑に扱う人から離れることに勇気を持つ

・一人になることを恐れない、そのあとで出逢える人もいるということに気づく

・自分に好意を持ってくれている人全員に応えようとしなくていいことを理解する

・愛するからこそお互いに相手を自由にしてあげることもひとつの愛のカタチであることに気づく

・意見が合わない時は対立しているわけではなく、お互いに向いている方向が違うだけということで第三の案を二人で考えてみる

・苦しさのループの中に子供時代に経験した「息苦しさ」に共通する感情があり、「息苦しい」のが当たり前だったために「息苦しくないとむしろ不安になる」ことから幸せになる自分を拒絶していないか、幼少期の親との関係を探る

 

 

 

そして、自分で全部責任をもって、人生をやっていくことを覚悟することです。

 

 

 

<追伸>

私の体験談を書きましたが、決して親を恨んでいるとかはなく、むしろあの時沢山手を差し伸べてもらったことで今の自分がありますので、感謝しています。(過去に私が個人的なことをブログに書いたことを私の母に「娘さんが親の悪口を言っている!」と電話をかけてきた方がいます。私と両親の関係は完全に融解して許し合っています。親も一人の人間として、苦労して生きてきた子供時代がありました。価値観の違いというのは世代でも起こりますし、育った環境や体験してきたことによっても違うのを理解しています。私の仕事も応援してくれていますし、書いていることも知っています。)

 

そしてあの時、親身に心配してくれた友人ひとりひとりにはどれほど救われたかわかりません。今なお、お付き合いが続いている友人も沢山います。このことにも心より感謝しています。

 

今させていただいている仕事を通じて、たくさんの人が自分らしい幸せな人生になりますよう願っておりますので、今回自分の体験談を書かせていただきました。

 

私もまだ、皆さんと同じように人生というの旅の途中なので「自分が納得した」人生にしていけるようにこれからも歩んでまいりたいと思っております。

 

上から目線で書いた表現もあったかもしれませんが、クライアント様が目の前にいることを想像しながら、カウンセラーとして「問いかける」ことを意識して書きました。

 

別れることや、新しい環境に飛び込むことはとても怖いことだと思います。

不安でいっぱいだと思います。

でも、そんな時こそ、私のブログを覗きに来てくださいね。失敗しても、大丈夫、って思えると思います。チャレンジした証拠ですから、それでいいんです。

 

皆さまが幸せでありますようにいつもお祈りいたしております。

 

Aさんもどうか笑顔溢れる毎日でありますよう、お祈りしております。

 

<参考記事>



■「毎朝1分読むだけで
嬉しい引き寄せが起きてくる!」


LINE4,000人以上の
フォロワーさんに読まれている
大好評の開運メッセージが365日受け取れます♪

パワーストーン新商品やブログ更新などを
いち早くお知らせいたします。↓








 

エメラルドエマにいいね ! して
更新情報を受け取る

Twitter でエメラルドエマを

関連記事

  1. 【縁切り神社は本当に効果があるのか?】

  2. 【とても不思議な感覚でメッセージが降りてくることあるのですが…

  3. 【パワーストーンはいつから使う始めるのがいいのか?】

  4. 【サンキャッチャーの使い方と選び方のポイント】

  5. 【ルチルのさざれ石はセレナイトの浄化にも使えるでしょうか?】…

  6. 【不倫で苦しい時、離婚したい時の考え方】

  1. 2024.04.09

    【牡羊座の新月☆パワーストーンで願いを叶える方法】

  2. 2024.04.03

    【引っ越しをした夜から3日3晩、不思議な出来事がありまし…

  3. 2024.03.29

    【4月の開運デー】

  4. 2024.03.15

    【その人は「邪気」でしょうか?】

  5. 2024.03.09

    【うお座の新月☆パワーストーンで願いを叶える方法】

  1. 2019.03.15

    【パワーストーン初心者のための効果的なパワーストーンの選…

  2. 2018.02.09

    【パワーストーンの効果的な着け方と浄化・メンテナンス方法…

  3. 2017.10.05

    【答えがわかるペンデュラムの使い方(ダウジング方法)】

  4. 2017.08.29

    【恋愛・結婚・人間関係の悩み カウンセリング体験集】

  5. 2017.08.14

    【お化けや生霊・霊に憑りつかれる人の特徴】