人生を変える映画『最強のふたり』人生は何をするかじゃない。誰とするかだ

人生を変える映画『最強のふたり』人生は何をするかじゃない。誰とするかだ

今回は人生を変える映画シリーズ、第一回目は『対等な人間関係』が学べる『最強のふたり』と言う映画をご紹介していきます。(軽いネタバレ含む)

 

幸せな人生の再出発を応援するパワーストーンセラピストの冥賀都子(ミョウガサトコ)です。

笑いがベースにあり、面白く見れる感動作品です。

ぜひ見て見てくださいね。

 

目次

「最強のふたり」あらすじ

特別な二人の、普通の友情のお話

人生の目的は何?

何が不幸を作っているのだろうか?

人生は何をするかより、誰とするか

人間関係は常に対等であれ

対等な人間関係を築く「最強のふたり」の名言

良好な人間関係を引き寄せるパワーストーン

まとめ

 


■「最強のふたり」あらすじ

 

 

『最強のふたり』(さいきょうのふたり、原題: Intouchables)は、2011年のフランス映画。頸髄損傷で体が不自由な富豪と、その介護人となった貧困層の移民の若者との交流を、ときにコミカルに描いたドラマ。

 

パリに住む富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、頸髄損傷で首から下の感覚が無く、体を動かすこともできない。フィリップと秘書のマガリー(オドレイ・フルーロ)は、住み込みの新しい介護人を雇うため、候補者の面接をパリの邸宅でおこなっていた。

 

ドリス(オマール・シー)は、職探しの面接を紹介され、フィリップの邸宅へやって来る。ドリスは職に就く気はなく、給付期間が終了間際となった失業保険を引き続き貰えるようにするため、紹介された面接を受け、不合格になったことを証明する書類にサインが欲しいだけだった。

 

気難しいところのあるフィリップは、他の候補者を気に入らず、介護や看護の資格も経験もないドリスを、周囲の反対を押し切って雇うことにする。フィリップは、自分のことを病人としてではなく、一人の人間として扱ってくれるドリスと次第に親しくなっていく。

ーwikipediaより引用

■特別な二人の、普通の友情のお話

 

ストーリーは富豪で障害のある車椅子のフィリップと、スラム街でたくさんの兄弟と暮らす前科のある黒人青年ドリスの、友情の物語と言えます。

 

ただ、貧富の差を超えた友情でもなく、

人種の違い、年齢の違いを超えた友情、

でもありません。

 

これは、ただの、ありふれた2人の人間の友情です。

そこが、とてもとても大事な部分です。

 

タイトルのフランス語「Intouchables」は「触れられないもの」「社会ののけもの」のようなニュアンスの意味です。

その意味から、本来、交わらないような2人が交わるお話、とも取れます。

 

あるいは、「障害者」や「富豪」と言った「普通ではない」と言う意味での「社会ののけ者」であるフィリップと、「定職につかないスラム街の黒人青年」や「前科持ち」と言った「普通ではない」と言う意味での「社会ののけもの」であるドリスのお話、とも取れます。

 

しかし、ポイントは、「普通ではないふたりの友情」ではなく、

ただ、ただ、ありふれた人間と人間の友情なのです。

そう、彼らは対等なのです。

 

ドリスは、自分の雇い主であり、障害者であり富豪であるフィリップを、一切、特別扱いしません。

普通の人間として関わります。

フィリップはドリスが自分を特別扱いしない部分を気に入って採用したのです。

 

そして、フィリップもまた、ドリスがスラム街に住んでいたとしても、前科持ちだったとしても、資格がなかったとしても、「そんなことは関係ない」と周囲の忠告を一蹴します。

彼もまたドリスをただの人間として見たのです。

 

フィリップは、障害を負い、今まで雇ってきた使用人に特別扱いされ、居心地が悪い人生を歩んできたのでしょう。

自分を特別扱いしない男が必要だったのです。

だからこそ、普通の人間の、普通の友情が成り立ったのでしょう。

この話のポイントはそこにあると思います。

■人生の目的は何?

 

私たちは人生に目的を見出そうとします。

人生で「何か」をしようとします。

 

幸せになろうと努力をし、

仕事で成功をしようと頑張り、

旅行に行こうとし、

資格を持とうとし、

何者かになろうとします。

 

果たして、人生で「何か」をすることは、重要なことなのだろうか?

と言うのが、私がこの映画を見て感じたことです。

 

フィリップがドリスと初めて会った面接の時、

「人生の目的は?」

と聞くシーンがあります。

ドリスは、目の前の美人の秘書の女性を見て、ニッコリして

「最高の目的があるさ」

と言います。

フィリップ呆れたように笑います。

 

この映画では、最強のふたりの漫才のようなやり取りがたくさん見られます。

彼らは、普通のことを楽しんでいます。

 

体の動かないフィリップも、くだらないジョークを言うドリスのおかげで、そんなこと忘れてしまうように、毎日を楽しみます。

 

私たちは人生で何かをしようとしますが、そんなことはどうでもいいのかもしれません。

■何が不幸を作っているのだろうか?

 

終盤に、ドリスがフィリップの元を去る場面が訪れます。

それは、ドリスの弟が、犯罪に巻き込まれ、ドリスのところへ助けを求めてきたことで、フィリップが家族の元へ帰ったほうがいいと、決断した別れでした。

 

それをきっかけに、二人の別々の暮らしが始まります。

ドリスは新しい職につき、順調に自分の暮らしを整えていきました。

それもフィリップのお世話をした仕事の経験によって、社会に適応できる人物になっていたためでしょう。

 

しかし、フィリップは、新しい使用人とも馴染めず、イライラし、全く楽しくない日常を送り、ヒゲは伸び放題、ドリスがいた笑いのある日常はさり、暮らしには暗いかげをおとしていました。

 

ここで分かるのですが、おそらくドリスを雇う以前のフィリップは、このようなつまらない日常を送っていたのだと思います。

障害に絶望し、富豪であるが故の付き合い、誰も信用できない毎日。

そんな苦しみは、実は彼の日常だったのだと思います。

ドリスが去って、その生活に戻ったのです。

 

 

そうなると、何が不幸を作っていたのだろうか?と言う疑問が湧くのです。

フィリップは、障害に絶望し、不幸な人生を歩んでいたのだろうか?

そんなことはないのです。

ドリスがいた時も、体に障害はあったのですから。

 

つまり、彼の不幸は、「楽しみを共有する人が周囲にいなかったこと」だったのだと思います。

■人生は何をするかより、誰とするか

 

私たちは、人生を、「やっていること」や、ましてや「持っているもの」で決めてしまいがちです。

 

こんなことをしたい

こんなことができる

こんなものを持っている

 

しかし、そんなものよりも、

喜びを分かち合い、苦しみを分け合い

今を生き、

今を楽しめる

そういう人間関係こそが大切なのです。

 

例えば、望み通りの素晴らしい環境を手に入れたとしましょう。

 

周りの人たちは、自分の都合の悪いことはせず、

厳しいことは言わず、

なんでもやってくれて

優しくて

そして、好きなことだけをやっていられて

好きな場所に住んで、

望み通りの生活ができたとしましょう。

 

しかし、その環境を手に入れる代わりに1つだけ

「自分の心をさらけ出せる相手がいない」

という条件が加わったら、どうでしょう。

 

たちまち、すべてのものは無価値になるのです。

 

フィリップは、そんな苦しみを生きていたのだと思います。

 

好きな職業についても、人間関係が良くなければ、辛いだけですよね?

どれだけ成功したとしても心許せる人が隣にいなければ、虚しいだけですよね?

 

彼らは、他愛もないことで笑い転げ、毎日を楽しみます。

 

人間は、何をするかより、誰とするか?

そのほうが、よほど重要なのです。

■人間関係は常に対等であれ

 

この映画で学べる最大のポイントは、

「対等な人間関係」という

本来の人間同士の繋がりです。

 

人間関係には4パターンあります。

 

1、win-win

お互いが相互依存をし、相手がいてくれて良かった。

と言える関係です。

私も良いし、あなたも良い。



2、win-lose

こちらだけ良ければいい。という関係です。

相手に我慢をさせたり、する。

相手に依存している状態です。



3、lose-win

自分が我慢をするという関係です。

自分が負けることで、相手に嫌われないようにするとか、

傷つかないようにするとか、

自己肯定感が低い人が作りがちな関係です。



4、lose-lose

両方、良くないパターンです。

足の引っ張り合いですね。

どうせ自分もよくないなら、相手も引きずり込んでやろう。

そんな関係です。

 

 

人間関係として、あるべき姿は当然、win-winの関係です。

これはつまり、対等な関係ということです。

 

相手が年上の富豪の障害者であっても、対等に接したドリス。

相手がスラム出身の前科持ちの青年であっても、対等に接したフィリップ。

彼らは対等でした。

 

だからこそ、普通の友情の物語なのですね。

 

 

■対等な人間関係を築く「最強のふたり」の名言

 

映画の中で出てきた重要な言葉をピックアップしますね。

 

アンソニー

「注意したまえ。ああいう輩は容赦ない」


フィリップ

「そこがいい…容赦ないところがね」

「あいつがどこからきて 過去に何をしたかなんて そんなの私には どうでもいいことなんだよ」

 

富豪の障害者であるフィリップが友人のアンソニーから、ドリスのことを警告するシーンです。

 

アンソニーは黒人青年のドリスが、過去に犯罪を犯していて、スラム街で生活している人間だということを前提に、「彼には注意しろ」と言ってきました。

しかし、フィリップは上記のように一蹴したのです。

 

対等な人間関係とはどういうものでしょう?

 

フィリップは「容赦ないところがいい」

と言っています。

 

その通り、対等な人間関係は『容赦ない』ものです。

 

生易しいものではありません。

ドリスは、障害者であるフィリップに、

「これは健常者用のチョコレートだから、あげないよ(笑)」

なんていう、ブラックジョークを言って大笑いします。

 

全く変な気なんかつかいません。

しかし、彼が困っていたら深夜でも一緒にそばにいて外に散歩に連れ出したりします。

年長者であり障害のあるフィリップにタバコをすすめたりもします。

フィリップの子供が悪態をつくと「娘をしつけろ!」と厳しいことも平気で言います。

 

容赦がないのです。

それこそが対等な人間関係でしょう。

 

 

ドリス

「イヤだよ。あんたを馬みたいに荷台に載せるなんて」

 

フィリップを障害者用の車の荷台に乗せるシーンで、ドリスがそれを断った時に言った言葉です。

 

ドリスはフィリップを荷物のように荷台に乗せるのは嫌だと言いました。

そして実用的ではないスポーツカーの助手席にフィリップを乗せてドライブに行くのです。

 

彼もまた一人の人間としてフィリップを扱っていることが伺えるエピソードです。

これもまた「容赦がない」が故の行動なのです。

 

私たちはつい忘れてしまいますが、

相手は自分と同じようにニーズを持った人間です。

悩みもあるし、弱さもあるし、笑いもする

ただの人間です。

 

それを自分の都合のいいモノのように考えてしまうことが

対等な人間関係を築けない問題なのです。

■良好な人間関係を引き寄せるパワーストーン

 

rose_01_001

アイテム:シリシャスシスト×コットンパール ブレスレット

 

■シリシャスシスト

濃いピンク色が特徴のシリシャスシストという聞きなれない石ですが、こちらは女性の人間関係にオススメの石。

個人的に女性版の「最強のふたり」に通じるエネルギーを感じます。

 

人間関係に優しく、それでいて積極的になるイメージのパワーを感じます。

人へ優しくなりたい方へオススメします。

 

007_3

アイテム:ブルートパーズ ブレスレット

 

■ブルートパーズ

「最強のふたり」のような運命の人物に出会いたいという方はトパーズがオススメ。

その時に必要な人を引き寄せるとも言われるパワーストーンです。

 

愛の石であり、自らを愛することで本質的な生き方に導くでしょう。

自分らしくいることこそがキーパーソンとの出会いを引き起こすことになるのです。

 

対等な彼らはいつだって自分らしくいました。

人間関係には自分自身が自分の本質で生きていることが大切なのです。

 

 

■まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

私たちも、ドリスとフィリップのように、対等な人間関係を周囲の人々と作って豊かな人生を生きたいですね!

 

ぜひ、映画の方もチェックしてみてください。

きっと、こうした視点で見ることで、忘れられない映画の一つになりますよ!

 

 

 

 

 


Follow ema:

パワーストーンセラピスト/天然石アクセサリー作家 冥賀都子 satoko myouga 1973年8月23日生 あなたの人生の再出発を応援する天然石ブランド「エメラルドエマ」代表。水晶シリカのオーガニックコスメブランド「Crystalema」考案者。クリスタルヒーリング・仏教・脳科学・心理学・成功哲学から本当のスピリチュアルをお伝えし、一人でも多くの方が本当の自分の幸せに気づけるお手伝いをしています。

Leave a Reply