シリカ(ケイ素)を知らない方へ

No,1アンチエイジング力で注目の水晶シリカ(ケイ素)

□シリカとは?

シリカ(=ケイ素)は、地球の地殻中に多く含まれる成分で、人間の体を形成する上で欠かせないミネラル成分です。

シリカは人間の骨・髪の毛・歯・血管・爪など様々な部分に含まれていて、最も多く含まれているのは肌です。コラーゲンは、肌をはじめ、全身の組織の土台となる成分。コラーゲンと細胞を結合するためにシリカが必要になります。

例えば、肌においてコラーゲンと肌細胞の結びつきが強ければ、肌にハリが出て健康的な肌になります。骨においてはコラーゲンにカルシウムが結びつきやすくなることで丈夫な骨になる。そうした働きのあるシリカは体に欠かせない成分と考えられています。自然療法が最も盛んなドイツではシリカ(ケイ素)は一家に1つ必ずあると言っていい人気の成分です。

 

□シリカ不足による老化

シリカは体内で生成できず、二十歳をピークにシリカを体に蓄えておく能力が低下し、老化へと繋がっていきます。シリカは、人工的に作ることができないため、ジャガイモなどの野菜・わかめ、ミネラルウォーターなどからしか摂取することができませんでしたが、近年、化学肥料で野菜が作られシリカの含有量が減っているということもあり、現代人はシリカ不足により、骨粗鬆症をはじめ、様々な問題を抱えていると言われています。

 

□1/1000の確率で発見される「水入り水晶」の水と同等のシリカ水

二酸化ケイ素は元素記号でSiO2。水晶石(別名:石英)はSiO2の結晶体であり、シリカそのもの。何万年もの時間をかけてクリスタルとして結晶体になった水晶には、1000個に一個の割合で、水が入った「水入り水晶」というものが発掘されることがあります。その水は何万年と育まれてきた、高濃度のシリカ(ケイ素)の水。古来から難病の治療など貴重な薬として使われていたそうです。

そうした水入り水晶は、市場に出回ることはほとんどありません。しかし、その水入り水晶の水と同じ、水溶性のシリカを、水晶そのものから生み出す技術が近年開発され、「水晶から生まれた食用シリカ原液」は世界的に注目されています。

 

□シリカの主な力

  1. 細胞の結合強化 シリカ(ケイ素)は肌・髪・歯・血管・内臓などを作る成分
  2. 抗酸化力 酸化(腐敗)を防ぐ成分
  3. 浸透性 ナノ化された非常に小さな分子により浸透し他の栄養素を引き出す
  4. 洗浄力 ナノ化された非常に小さな分子により汚れを取り出す
  5. 静菌性 病原菌を静菌する
  6. 消炎性 炎症を抑える
  7. 油分の分解 油性のビタミン類の分解、皮膚に溜った脂肪性物質を分解
  8. デトックス 新陳代謝が良くなり体内に蓄積された抗生物質・薬物・油類などを排出

 


水晶シリカ製品を見る