「クリスタレマ」クリスタルボディスクラブ誕生物語

□40年間もの肌トラブル
%e6%89%8b%e8%8d%92%e3%82%8c%e3%83%93%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc

子供の頃から肌が弱く、皮膚科でもらった薬を欠かさずに荒れた肌に塗っていました。

口紅はおろか、リップクリームを唇に塗っても、皮がはがれ、出血してしまう。手は荒れて、赤くなり、痒みを抑えるために薬を塗ると言う毎日。化粧品や石鹸、ケア商品などを使えば、カサカサに乾燥したり、赤くブツブツが出てしまったりと弱い肌に困り果てていました。

 

皮膚科やオーガニックを謳うスキンケアでは自分の肌は良くならないのだと、諦めて自信をなくしていたんです。

 

□仕事が変わったことで肌に変化が

天然石アクセサリーデザイナーとして起業する前、病院で働いていたことがありました。仕事は過酷で、子育てとの両立の中、ついに身体を壊してしまった私は、仕事を辞めて静養しながら本当に自分が好きな仕事をしようとエメラルドエマを始めたんです。

 

それは、幼い頃から鉱物マニアだったことと、肌が弱く金属アレルギーだったので天然石を使ってアクセサリーを作って自分なりにファッションを楽しんでいたからです。でも、仕事を変えた途端に、肌が急に良くなってきたんです。

 

□薬が肌トラブルの原因になっていた

なぜ急に肌が良くなってきたのかを考えると、以前と変わった習慣として薬を塗るのをやめたことだったんです。病院を辞めたことで安易に薬が手に入らなくなったので、起業した忙しさもあって、何十年もつけていた薬をつけなくなったら、以前のような最悪な肌から、少し荒れている程度の肌になっていました。良いと信じてきた薬に問題があったことが、自然療法を学ぶきっかけになりました。

 

□オーガニック基準のない日本

当時、まだ綺麗な肌になったわけではなかった私は、オーガニックを謳うスキンケア商品を買って試しては、肌トラブルになるということを繰り返していました。みんなが好評のレビューを書いている超有名な自然派化粧品や、ボディケア商品で、肌にブツブツができたり、痒くなったり、と、毎回、トライアルキットを一度使っただけで破棄すると言うコスメジプシーに陥っていました。

 

しかし、自然療法を学び始めて、様々な体に悪い化学成分の名称を覚えた頃には、オーガニックはイメージ戦略として使われている部分があり、1%のオーガニック成分でもオーガニックや無添加、自然派、天然由来などと売り出しているケースもあるということが分かってきました。

 

海外では、フランスでは「エコサート」、オーストラリアは「ACO」、アメリカは 「USDA」などのオーガニックコスメの基準と認定団体があります。それらの厳しい基準をクリアしたものだけが「オーガニックコスメ」と名乗ることができます。

日本ではそうした基準や認定を受ける必要が無いのが実態です。そして、有害な物質が自分が使用していた『無添加』と名乗るスキンケア商品にも十分使われていたことを知り、薬と同様に体に害をなすものを排除していくことに決めたのです。

 

□間違っていたスキンケアdsc_0530

さらに、大きな問題として、『就寝前にクリームを塗って栄養を与える。』『洗顔をしたら乾燥を防ぐために化粧水とクリームで蓋をする』など、様々なスキンケアの常識がありますが、こうした常識に問題があるということを発見しました。

 

医学的には肌は排泄器官であり、細胞が角質となって役目を終えた垢・汗・皮脂といった老廃物を排出し、それらが皮脂膜となって肌を守っているのが健康な肌です。皮膚は排出する器官なのにも関わらず、何かを塗って栄養を取り入れようとしたり、蓋をしてしまったり、界面活性剤や防腐剤などの有害物質を含んだケア商品を使っている状態が日常になっていれば、毛穴や汗腺がふさがり、皮脂膜が正常に作られず、乾燥肌や肌トラブルといった不健康な肌になります。

 

良かれと思ってやっていた、スキンケアそのものが肌トラブルを招いているという信じ難い事実があります。間違ったスキンケアで乾燥肌になり、乾燥を防ぐためにまたスキンケアを重ねていく。保湿材なしでは保湿されない肌。これは私が以前、皮膚科の薬品を良かれと思って使い続けて薬無しでは普通に生活ができない状態になっていたことと同じ状態でした。

 

□『汚れ』を取り出す『塩』%e4%bd%bf%e7%94%a8%e6%96%b9%e6%b3%95

そして私は、肌トラブルの原因は間違ったスキンケアによる『汚れ』と『有害物質』であるという結論に至りました。それから、最適なボディケアについて検討していった結果、『塩』に出会いました。

 

例えば、かかとの角質除去には、ピーリングや、ヤスリのような方法もありますが、私のような弱肌にはそれらは当然無理です。
そこで、目をつけたのは『ソルトボディスクラブ』だったのです。体を洗った後に、優しくマッサージするだけで、肌がキレイになるということで、簡単な印象もありました。

 

人間の体液は海水とほぼ同じ濃度の塩分がありますが、塩で体をマッサージすることで、濃度の低い溶液である汗などの体液が、濃度の高い溶液である塩の方に移動する現象が起こります。料理の時にお肉に塩をかけておくと水分が出てきたり、キュウリを塩もみすれば水分が出てきますよね?これを『浸透圧』と言いますが、その現象によって、塩で体の老廃物質が排出されていきます。

さらに、塩マッサージで新陳代謝が上がり、毛穴が開くことで、汗がたくさん出てきます。しかし、そうは簡単ではありませんでした。

 

□天然塩と精製塩。そして有害物質。

オーガニックや安全性を強調している海外の有名ブランドなど、人気の高いボディスクラブから試していきました。

しかし、結果は、発疹ができ、肌が荒れ、かゆみが止まらない、という状態に。一度使っただけなのに、その翌日から一週間以上はかゆみに悩まされました。いくつもの商品を試しましたが、自分に合うものは見つからないどころか、肌トラブルにばかりなってしまいました。

 

そこで、わかったのは、ミネラルが豊富に含まれる天然の塩は、腐敗しやすいために、人工的に精製された99%以上が塩化ナトリウムのものを塩として入れていることが多いことと、長期にわたって在庫をし、店頭に置いていても大丈夫なように防腐剤などが多くは入っているということです。そうした様々な化学物質が自分には合わなかったのです。

 

□スクラブ剤が法律により製造禁止に

さらに、スクラブには塩以外にも人工精製されたマイクロビーズというものがあります。2015年12月28日、オバマ大統領が、「マイクロビーズ除去海域法」という法案に署名し法律が成立。米国で、2017年7月から、洗顔やせっけん、歯磨き粉などに入っているスクラブ(マイクロビーズ)が製造禁止になりました。2018年6月には販売が全面禁止になる、というニュースを聞き、スクラブの恐ろしさを知りました。

 

そうしたスクラブ(マイクロビーズ)は、プラスチックが原料になっていて、環境汚染になっており、毒を吸収したマイクロビーズを食べた魚を人間が食べる可能性があるということで世界で問題になっています。

やはり、スクラブ剤として最適なのは自然の『塩』で、すべての原料は下水に流しても問題のない自然のもので生産すべきです。

 

□水晶シリカ(ケイ素)との出会い%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%82%ab%e3%81%a8%e3%81%ae%e5%87%ba%e4%bc%9a%e3%81%84

ある時、私が天然石専門店をやっている中で、お客様から1枚の写真が送られてきました。写真は水晶が入った花瓶に刺さったバラの写真で、隣には別の何も入っていない花瓶に刺さった枯れたバラ。お客様は水晶を花瓶に入れたら花がなかなか枯れないことに驚いて写真を送ってきたのです。

 

水晶は昔からコケが生えないことが有名で、一緒に置いておくと腐敗しにくいなどの性質があります。

そんな時に、『シリカ』が海外セレブの間でスキンケアに良いと注目されているという話題を耳にしました。『これだ』と思いました。

 

水晶は別名、石英。元素記号はSiO2で、二酸化珪素です。ケイ素は別名、シリカ。シリカは水晶そのものだとすぐにピンときました。しかし、シリカは人工生成できない物質で、貴重な高級サプリメントでした。

天然石ショップをやっているツテで、調べていくとシリカを水晶石から取り出すことに成功しているという専門の機関とつながることができました。それが『水晶シリカ』との出会いでした。

 

□ないなら自分たちで作ろう

シリカは、人間の肌をはじめ、髪の毛や爪、骨、内臓などを生成するのに欠かせない成分で、コラーゲンと細胞を結びつける役目があり、誰もが体内に蓄えている成分ですが、シリカ不足によって骨粗鬆症などの問題につながっていることを知りました。

 

それほど重要な物質なら、私にも問題ないだろうと思い、薬代わりにツテで手に入れたシリカの原液を肌荒れした手に塗り始めました。トラブルもなく、40年間、肌荒れから解放されたことのない手が一週間ほどで整ってきたのです。
(※注意:ボディスクラブは塩なので炎症や傷のある手荒れなどに塗ることはできませんのでご注意ください)

 

また、腐敗しにくいという性質もあることから、天然塩でもシリカと混ぜ合わせることで、長期保存が可能になっていきます。『世の中に自分に合うコスメがないのなら、シリカを使って自分で作ってみよう』と考え始めた瞬間でした。

 

□オーガニックコスメ専門。塩のプロ。最高のパートナー

私は天然石の専門家です。アクセサリーデザイナーでもあり、カウンセラーでもあります。しかし、コスメ作りに関しては素人同然。コスメ作りのプロのパートナーが必要です。そこで真っ先に思い浮かんだのは、以前、私が使っても問題が起こらずに良い結果が出た塩洗顔料を作っていたオーガニック専門でやっているコスメのメーカーさんでした。

 

そちらの会社は塩を専門にやっているメーカーさんで、塩のプロであり、オーガニックコスメのプロ。早速アポイントを取り、お話をさせていただき、思いのたけを、ぶつけました。実はそちらの会社さんも私と全く同じ思いで、肌が弱く肌トラブルになった経験からオーガニックコスメを始めたということで、意気投合。最高のパートナーを得ることができました。

 

□『志』ある場所へ

私(エマ)とメーカー担当者の高倉さんとの最初の会話でした。

 

エマ「私、とにかく、安全で地球にも優しくて、安心して長く使えるものが欲しいんです。自分に合う化粧品を探し続けて、疲れました。どうして、どれもこれもいろんな成分のことを謳っていてむしろ、かえって選びにくいんでしょうか。『これなら、大丈夫だろうか?』と思って試す、しばらくして、ダメで次々と試す。これの繰り返し…。」


高倉「そうね、いろんな成分をみんな入れたがって、効能ばかりにとらわれがち。でも、1番大切なのは、『安心して使える』ってことだと思わない?むしろ、それって、省くことだと思わない?余計なものを入れない、逆なんだよね。効き目がどうかも大切よ。でも、それが長く使えるものじゃなかったら、私たちだって、せっかく開発してもがっかりするし、結果的にいいものじゃなかったということで廃れていけば、お客様も誰も喜ばないわ。」


エマ「私もそう思います!肌に直接つけるものだし、毎日使うものだから、安心したいです。アレルギーフリーとかそういうのがやっぱり安心ですよね?」


高倉「いやいや、実はそれダメなんだよ。『アレルギーフリー』って、聞こえはいいでしょう?でもね、それってアレルギーがでないようにむしろいろいろ添加されていることが多いのよ。科学の力でアレルギーがでないようにしちゃうの。」


エマ「本当ですか?それ、怖いですね。」


高倉「自然、天然だからこそ、アレルギーってでるものなのよ?杉花粉とか、そうでしょう?あれ、自然の花粉でしょう?○○フリー、って書いてあるから全部が安全てことはないのよ。」


エマ「びっくりです!」


高倉「私ね、いろんな企業と取引してるのよ。だから、よくわかるの。ただのお金儲けでやりたい企業と本当にいいものをお客様に届けたいと努力してる企業。


今ね、馬油がすごい人気なのね。馬の脂の浸透率って見直されているの。海外からも共同で開発したい、って言われてるけどやらないの。だってね、志のない企業と流行りで作っても、私は面白くないのね。イヤなのよ、そういうの。もちろん、技術はあるわよ。でも、そんな一時のことでやった仕事って、つまらない。みんなが本当に喜ぶことをちゃんとやりたいの。


だから、エマさんは、石で癒しと心身の健康を提案したい、それをどう形にするかのアイデアをどんどん出せばいいのよ。 それだけやりたいことが明確で、軸があれば、きっと良いものが作れる。ブレてない。そういう会社とじゃないと組みたくないんだわ、うちも。それ、うちがちゃんと形にしてあげるからさ、アイデアだしなよ。」

 

□弱肌だからこそ良いものがわかる%e5%95%86%e5%93%81%e3%81%ae%e5%ae%8c%e6%88%90

そして念願のシリカを使ったコスメブランドの商品開発がスタートしたのです。まず製品化したかったのが、マッサージソルトボディスクラブでした。

 

メーカーさんのイチオシとしてボディスクラブを勧められたということもありましたが、何より、こちらのメーカーさんはオーガニックにこだわっているため、天然塩を使って防腐剤や化学物質を入れずに長期保存可能なノウハウをお持ちでした。

 

『これで、思ったとおりのものが作れる』という確信を持ち、商品開発をパートナー企業さんとしていく中で、試作品を自分で使うと、当然ながら全くトラブルがなかったんです。オーガニックコスメを作っているメーカーさんの仕事ですから、当然の事なんですが、私の今までの数々の苦い思い出からすると、まず『トラブルが起きない』これだけでも感動ものでした。

メーカーさんの担当者の方は『有効な成分が入っているということは関係なく、大切なのは長く使えること。毎日使っていて問題ないことが大切』とおっしゃっていました。

 

アロマオイルは自然療法の深い知識がなければ安易に使うことはできません。こちらのメーカーさんは正しい知識を持って、世界で最も厳しいとされるオーストラリアやフランスのオーガニック認定を受けている原料を使用。塩の特性、スキンケアの正しい理論を持っているからこその技術がそこにはありました。

 

□素人だからこそ勇気を持って正しいことができる

自分自身で天然塩と天然の精油と水晶シリカといった天然由来のものだけで作られたクリスタルボディスクラブを使ってみて、肌トラブルにならないだけでなく、とてもポジティブな効果を得ることができました。

かかとのガサガサ角質は取れ、スベスベになり、全身も徐々に乾燥肌から健康的な肌に整っていくことを実感。天然の優しい香りに癒され、気持ち良く汗が出るバスタイムを楽しめます。あんなに苦しんでいた過去が嘘のようです。

 

心から『自分に向き合ってよかった』、目を背けなくてよかったと思えた瞬間でした。同じ思いをして、自信を失っている人に笑顔になってもらいたい!自分自身を諦めていた過去の私。言い訳をして納得させようとしていた昔の自分。いつも不安とストレスの中にいた自分。

たかがボディケアのアイテム選びです。でもそれが私にとっては苦しい人生を作っていた1つの要素でした。ただのすぐに忘れてしまう買い物の1つです。でも、本気中の本気です。

 

私たちはコスメ開発のプロじゃない。もちろんプロ中のプロの人たちにサポートしてもらい、完璧な製品が完成しました。でも、私たちは化粧品に関しては素人。でも、『肌が弱い人が笑顔になれるプロ』ではあります。私たちは同じ悩みがわかる。気持ちがわかる。素人だからこそ、勇気を持って正しいことができます。

 

そして、『クリスタレマ』は、始まったのです。もう、あきらめない人生を、始めよう。最高の自分へ・・・

 

 

Profile ー 冥賀都子

エメラルドエマ代表 天然石アクセサリーデザイナー
1973年8月23日生 獅子座 O型 栃木県佐野市出身

文部科学省許可 財団法人日本余暇文化振興会認定 天然石検定2級ディプロマ
国家資格 博物館学芸員
一般社団法人日本化粧品検定協会 日本化粧品検定1級 コスメコンシェルジュ
日本抗加齢医学会会員

 

 


 

ボディスクラブ詳細はこちら